自分に自信を持つと「リラックスするのが苦手」という感情がなくなる

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おすすめ情報

お子様の吃音を改善するプログラム

なぜ、たった35日で吃音を克服できたのか?

4年間で3000名以上の吃音を改善してきた、元国語教師の井坂さんによる「吃音改善マニュアル」が公開されました。

本人自身が、保育園〜社会人まで21年間も苦しみ続けた吃音を、自宅で1日たったの9分の簡単なトレーニングで克服した方法です。

詳しい内容は、いますぐ公式サイトでチェック!

どもりを改善するなら!一条式どもり改善術

「意識すると余計にどもる」
「どもりは治らないの?」
「どもりで人と話すのが苦手」
「飲食店の注文が嫌だ」
「緊張するとどもりがひどくなって大変」

こんな「どもり」の悩みを、自分で『根本的に改善』できます!

意外な方法を使って、短時間で「どもり」を改善する、「8分間どもり改善プログラム」です。

詳しい内容は、いますぐ公式サイトでチェック!

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム

あなたには、こんな悩みがありませんか?

・名前が言えない、社名が言えない
・電話が怖い
・「さ行」や「か行」が言えない
・挨拶が言えない、お礼が言えない

もう、こんな悩みからは「おさらば」しましょう。

重度の吃音(どもり)だった著者が、わずか57日で「普通に話すことが当たり前」になった方法、「【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム」をご紹介します。

あなたは、「自ら、吃音を強化(悪化)させているのです・・・」と、間違った改善方法の問題点を指摘している興味深いマニュアルです。

詳しい内容は、いますぐ公式サイトでチェック!

自分に自信を持つと「リラックスするのが苦手」という感情がなくなる

自分に自信を持つとリラックスするのが苦手という感情がなくなるという考え方のポイント

自分に自信を持つとリラックスするのが苦手という感情がなくなるという考え方のポイントは、実は「自信のなさ」をコンプレックスと捉える事から来ています。自信のなさ、自分の欠点として感じていることは、本来であればあるべき自分でないという事になってしまうんですね。自分ではこんな部分を持っている私という「個性」と捉えているものが本当はコンプレックスである、その個性が発揮できないから自信がない、自分に自信が持てないという事になるのです。

自分自身の問題点に目を向けずに、自分ではない他人の問題点にばかり目を向けていると、自分に目を向けることができなくなってしまいます。そこでお勧めしたいのが、自分の心に自分の内面を見つめさせる事です。

例えば自分の「長所」を考える時に、自分のあふれんばかりの感情で書き出してみる。これが思いつかないから落ち込んでしまうのではなくて、それを褒めてくれる誰かがいれば、素直にそれを喜ぶことができます。

そこを頑張ろうとするのは、自分ではなく他人が頑張るから。自分が頑張ってどうなるの?という事になるんですけど、それを誰かに見てもらえるようにするのは、自分自身の問題です。嫌なことをしている自分を、誰かに見てもらうという事にしましょう。

タイトルとURLをコピーしました